NEW!!

  最新ブログ

つくし塾ブログ休止のお知らせ ()
>> 続きを読む

『座位の姿勢調整③全体バランス』 ()
>> 続きを読む

11月21日(土)つくし塾総評 ()
>> 続きを読む

最新情報

NEW 2019年6月6日(木)

今年度も『つくし塾』の開催が決まりました!!

 

昨年、好評頂いたセミナーをリメイクし、鍼灸師・マッサージ師の資格を活かした治療法として、概論・総論・各論の③段階に分けてお伝えします。

 

本年は主に病気やケガで麻痺や拘縮になってしまわれた方に関する治療テクニックや治し方や関わり方等を詳しく説明します。講義内容も総論から各論へ徐々に繋げ、皆さまの将来の働き方の参考になるような企画をしております。(訪問以外の仕事を考えている方にも必見です。)

 

第①回目は『筋麻痺・関節拘縮へのアプローチ』と題し、以下の日時と場所でセミナーを行います。

 

 

7/6(土)入門セミナー~①概論編~

時間:9:00~12:00 (※会場の都合で開始時間は厳守しますので10分前にはお越しください。)

会場:フェールMAMI 2階(※100円ローソン隣に入口があります。)

 

血管や神経に障害をきたす疾患は後遺症として麻痺や拘縮を伴います。

 

代表的な疾患である脳血管障害は近年、高齢者の方だけではなく生活習慣が影響し、働き盛りなど若い世代の方にも発症する可能性が高くなっています。

 

脳血管障害以外にも幅広い世代の方に影響を及ぼす疾患(小児麻痺やALSなど)により悩んでいる方が多いため今後、社会復帰を目指すなど治療依頼の増加が予想されます。

 

皆さんが学校で学んでいる基本の腰痛や肩凝りなど症状の改善治療だけではなく、後遺症に対するより高度な治療技術を求められつつある中、このような患者さんから治療の相談があった時に効果のある治療を行うことができますか?

 

つくし塾では、麻痺・拘縮などの後遺症を伴う患者さんが大半を占めています。

 

今まで診てきた数多くの症例をもとに、今回は鍼灸マッサージとともに、当院オリジナルのアプローチ方法を映像や実技を交え、理論と根拠に基づきながら紹介します。

 

 

また7月末~8月にかけて夏休み治療見学会を開催します。

 

このような我々に需要が高まっているこの業界に興味のある方、今後の進路の選択肢に考えてみえる方には実際の現場を体感できる貴重な機会です。

 

合わせて見学会終了後、質疑応答と※経営セミナーを行う予定です。

※経営セミナーは希望者のみになります。

 

 

是非、7月セミナー・夏休み治療見学会にご参加下さい!!


 

 

 

2018年10月14日(日)

次回つくし塾の開催が決まりました!

 

12月15日(土)13時30分より、フェールMAMI2階にて開催します。

 

随時、各学校の掲示板に掲示して頂けるよう準備していますので、学生の皆さまはもう少しお待ち下さい。


 

 

 

 2018年9月4日(火)

8月25日(土)は、平成30年度つくし塾定期セミナーの第2回目を開催しました。お越し頂いた参加者の皆様、ありがとうございました。

 

今回は、前回6月セミナーでお伝えした『はざま治療院の業務内容や取り組み』を振り返りつつ、当院で一番患者様の症例として多い、『脳血管障害後遺症』の方へのアプローチ法をお伝えしました。

 

同じ脳血管障害後遺症でも障害されている場所により異なるマヒや拘縮等の後遺症がみられることを踏まえ、3人の患者様の症例検討として治療映像を交えてアプローチ方法をお伝えしました。

 

我々、鍼灸マッサージ師の強みである『鍼灸マッサージ』と『運動法(関節可動域訓練)』を組み合わせることで、治療依頼(痛みや倦怠感の緩和だけではなく、実は依頼の多い日常生活にまつわる動きの獲得)に応えられることを少しでも実感して頂けたのではないでしょうか?

 

また実技では、当院が治療の一部に取り入れている『立ち上がり』と『体位変換』の基本を体感して頂くとともに実演で見て頂きました。

 

普段はあまり考えずに立ったり寝返りをしていますが、実はいくつかのポイントがあります。これが患者様の治療に応用していることを感じて頂けたら嬉しいです。

 

今回の症例検討の映像で見た患者様や実技の基本を治療見学会で見てさらに教養を深めて頂きたいので、治療見学会をご検討されている方は是非ご参加下さい。


 

 

 

2018年8月16日(木)

8月25日(土)つくし塾セミナー開催が来週末と迫ってきております!

 

今日現在、10名程の参加申し込みをいただいております。

 

まだまだ参加申し込み受付中です!

 

つくし塾セミナーでは、「臨床で活躍している技術」のみお伝えさせて頂いております。

実際の現場で実践している技術という事で、必ず将来の役に立てるものであると自負しております。

 

今回は座学での治療理論・技術の講義と、実践している技術の実技を行うという構成です。

 

実技部分に関しては、講義後に是非とも学校の実技室でご友人・ご学友と練習をしあって技術として身につけていただきたいと考えます。

 

この機会に、是非とも奮ってご参加ください!!
 

また夏休み期間以降(9月以降)の治療現場見学会も引き続き申込を受け付けています。(日時は要相談)

 

是非、8月つくし塾と治療現場見学会にご参加下さい!!

 

 

 

2018年7月21日(土)

遅くなりましたが、8月25日(土)つくし塾のチラシが完成しました!

 

学生の皆さまは夏休みが控えている中、もしかしたら学校の掲示板に掲示されるのが間に合わないかもしれません。(申し訳ありません…)

 

もし間に合わなかった場合、以下のチラシをご確認頂けますと幸いです。

 

今回のつくし塾では、6月セミナーの復習を交え、患者様のご病気の中で一番多い『脳血管障害』に着目し、マヒや拘縮の種類・特徴を実際の写真や映像を使用しながら症例検討としてお伝えします。実技では、治療で行っている『関節可動域訓練や鍼治療』『治療で用いている患者様の立ち上がり理論の実践』のお伝えを予定しています。

 

また夏休み期間の治療現場見学会も引き続き申込を受け付けています。(日時は要相談)

 

是非、8月つくし塾と夏休み治療現場見学会にご参加下さい!!

 

 

 

2018年6月30日(土)

6月23日(土)は、平成30年度つくし塾定期セミナーの第1回目を開催しました。

 

雨で足元の悪い中お越し頂いた参加者の皆様、ありがとうございました。

 

今回は、訪問鍼灸マッサージ・はざま治療院の業務内容や取り組みを知って頂くことをコンセプトにお伝えしました。

 

はざま治療院の1日の業務に密着するかたちで当院の特色を1つずつお伝えしましたが、現状や当院の仕事に対する想いを皆様に伝わるようになかなかお伝えすることが難しく、ついつい想いが溢れてしまう部分もありました。

 

しかし治療で使用している理論や考えを体感して頂く実技では、「関節可動域(ROM)訓練、立ち上がり、鍼の基本の3つともに勉強になり実感できた」や「実際に現場を見てみたい」とご好評を頂き我々も嬉しく思いました。

 

今回の講義を踏まえ、8月25日(土)に脳血管障害という在宅で一番多い症例に着目し、講義や実技を行う予定です。

 

また実際の治療を見学して頂ける治療見学会も夏休み期間中に開催しますので、ご検討されている方は是非ご参加下さい。


 

 

 

2018年5月13日(日)

次回のつくし塾開催が決まりました!

 

今回のつくし塾では、高齢化社会を向かえている中、病気やケガの影響で歩く事が困難な方のために鍼灸マッサージ師はどのように関われば良いのか…

 

当院が実際に行っている業務をもとに『訪問治療の必要性や将来性』を6月と8月に定期セミナーにて座学と実技を交えてご紹介します!

 

6月では、初めての方でも分かりやすいよう『訪問鍼灸マッサージ』のしくみやどのように仕事をしているのか等をお伝えします。また実際に治療で行っている『関節可動域訓練』を実技にて体感して頂きながら学びます。

 

8月では、患者様のご病気の中で一番多い『脳血管障害』に着目し、マヒや拘縮の種類・特徴を実際の写真や映像を使用しながらお伝えします。また治療で行っている『関節可動域訓練や鍼治療』を実技にてお伝えします。(予定)

 

また夏休み期間には好評を頂いている治療現場見学会を開催します。(日時は要相談)

 

是非、定期セミナー・治療現場見学会にご参加下さい!!


 

 

 

2018年3月14日(水)

3月3日(土)は今年度最初のつくし塾でした。

今回は、症例検討として写真や映像を交えて実際の患者様に対しどのような治療を行っているのか、つくし塾が日々の治療を通して考えていることや想いをエピソードとともにお伝えしました。

 

我々が治療している患者様は病気やケガにより様々な二次障害を伴い、日常生活を難儀して過ごされています。今回は二次障害の中でも「マヒ・拘縮」に着目して、マッサージや鍼灸とともに行っている他動的・自動的アプローチをご紹介しました。とくに治療映像は参加者の方から好評で、もっと具体的に知りたいというお声も多く頂きました。学生の皆さまには想像しづらい部分もあったかもしれませんが、イメージを膨らませて頂きたいので是非、春休みの治療見学会に参加して、生の治療を見て下さい!

 

また当日は、いちえ鍼療院の内藤先生も講師として急遽駆けつけて下さいました!予定していた講義に加えて鍼灸ならではの関わり方、治療テクニックをお話して頂きました。鍼灸の学生の皆さまにも在宅治療において鍼灸の必要性と役割、患者様だけではなく地域との関わり方も学んで頂けたのではないでしょうか?

 

今回参加者の方から頂いたご意見やアンケートを踏まえ、次回開催予定の5月セミナーに生かしていきたと思います。

 

詳細が決まり次第、随時ご連絡させて頂きますので、しばらくお待ち下さい。



 

 

 

2018年1月29日(月)
今年も3月3日(土)につくし塾の開催が決まりました!
今回は昨年末ご好評を頂いた、座学での講義と実際の患者様の治療を見学するツアー形式になっています。近年の動向から『在宅』の業界は厳しいのでは…と思われている方も多いかもしれません。しかし、はざま治療院ではADLとQOLの向上を目標・理念とし、治療効果だけではなく、医療・介護関係者との関わり方等、日々の様々な積み重ねが治療師としてのやりがいに繋がると考えています。
合わせてセミナー内で行う治療見学会にあたり、当日の座学では見学させて頂く患者様の症例検討を行う予定でいます。何故、患者様がマヒや拘縮を伴う身体の状態になってしまったのか、これらを改善する治療法は鍼灸マッサージ以外にどのような方法があるのか等…病気やケガの機序から現状や注意点を踏まえ、どのような治療を行い効果が得られているのかを皆様と一緒に考えます。
また平成30年4月より、介護保険が改正される予定です。我々はケアマネージャーという介護保険を統括するリーダーから患者さんのご相談を頂いていますが、実はこの介護保険に参入して我々の資格を生かす方法があるのですがご存知でしょうか?有資格者の方で開業を考えている方、現在悩まれている方にも是非参加して頂き、活路を見出して頂きたいと思います。
このような、はざま治療院の考える『在宅』治療をお伝えしますので、是非ご参加下さい。
チラシは各学校に随時配布させて頂いていますのでご確認をお願い致します。